お見合いの場所について

お見合いをするとき、その場所はさまざまですが、それぞれに注意点があります。

まず、レストランですが、周りが気にならないように、個室を利用するか、なるべく人目につきにくい、隅の席がよいでしょう。

食事も一緒だと作法なども気になって、ますます緊張してしまうので、ケーキとコーヒーなど軽めのものがおすすめです。

ホテルのロビーやラウンジの場合は、ロビーで待ち合わせて、ラウンジに移動というのが一般的です。

また、料亭の場合は、正座がつらく堅苦しいので、できれば、お座敷ではなく、テーブル席のほうがよいと思います。

他にも、世話人宅でお見合いをすることもあります。

この場合、予約の必要もなく、かしこまらなくてよいのですが、時間の制限がないので、お見合いが長引く可能性があります。

お見合いに準備するものについて

お見合いを進めるにあたって、必要なものがいくつかあります。

写真、履歴書または、自己紹介状、家族書です。

まず、写真は、写真館などで撮ったお見合い用のもの以外に、普段の表情が写っているものを2~3枚用意します。

裏に名前と日付を入れておくとよいですね。

写真は相手に第一印象を与える大切にものなので、よく撮れているものを選びましょう。

履歴書は、たとえ文字に自信がなくても、必ず自分の字で書くものです。

できれば、ボールペンではなく、万年筆か毛筆がよいでしょう。

履歴書の場合は、項目に従って偽りなく、書けばよいのですが、自己紹介状は、履歴書のような決まった内容はもちろん必要ですが、自分の人柄がわかるような内容も書いておきます。

土地柄などによって、必要な書類が違う場合もありますので、世話人に聞いてから作成するとよいでしょう。

これらの書類と写真は本人が持参して世話人に渡すのがマナーです。

お見合いの心得について

お見合いをするにあたって、まず、決して中途半端な気持ちでのぞんでは、いけないということです。

興味本位や好奇心からお見合いすることは、真剣に伴侶を求めてお見合いを希望している相手にとても失礼なことです。

また、時間に遅れることは、ルーズな人という印象を与えてしまうので、待ち合わせには、必ず余裕を持って着いておくことをおすすめします。

そして全員が揃ったら、お互いを世話人から紹介されるので、それまでは、勝手に着席してはいけませんよ。

服装や髪型は、清潔感が大切なので、派手になりすぎないように、清楚な印象を心がけましょう。

また、初対面の人とお話をするのですから、緊張するのは、当然ですが、なるべく、積極的に話しかけて、お互いを知る努力が必要です。

結婚相談所に入会するときの注意点について

結婚相談所に入会を考えている人は、いくつかの注意点を知っておくとよいと思います。

まず、入会の前には、必ず、納得がいくまで説明を受けること。

そしていくつかの結婚相談所から資料を取り寄せ、自分で調べることです。

入会の際には、「概要書面」と「契約書面」の二つの書類の交付が法律で義務付けられていますので、これらをきちんと受け取ることができるかを確認します。

そして、契約書面には、日付、会員期間、サービス内容、開始日、費用の明細、支払い方法、中途退会の精算方法などがくわしく記されているかを、チェックすることをおすすめします。

これらがきちんと記載されていれば、その結婚相談所は、信用できると思ってもよいでしょう。

知名度だけで、大手だからと信用せず、自分でしっかりと確認することで、後々のトラブルを避けられるのです。

結婚相談所のデメリットについて

結婚相談所の最大のデメリットは、高額のお金がかかるというところですね。

入会金や月々の会費など、トータルで数十万円ほどかかるといわれています。

よい相手にめぐり合えれば、高いとは思わないのかもしれませんし、自分の条件に合う人を代わりに探してくれていると思えば、仕方がないのかもしれませんね。

また、入会した時から、だいたい同じ人が担当する場合が多いので、何度も足を運んで、自分のことを知ってもらった上で、相手を探してもらわなければなりませんので、そのための時間が必要になります。

ですから、入会してすぐに相手を紹介してもらえるということは、ありません。

二年間などの、期間の制限などもありますので、なかなか見つからないとあせってしまいますね。

結婚相談所のメリットについて

結婚相談所に入会するとどんなメリットがあるのでしようか。

まず、自由恋愛とは、違って、始めから、相手の素性がはっきりしているので、安心だということです。

また、相手も結婚を望んでいるのが明白なので、結婚を前提としたお付き合いができるというところがいいですね。

昔のイメージで、結婚相談所は、古めかしいとか、堅苦しいと思われているかもしれませんが、今は、全くそんな感じではありませんよ。

専属のアドバイザーがついてくれますので、心強く、安心感もありますね。

自分で結婚相手を見つけるには、時間がかかりますが、結婚相談所の場合は、一定の間隔で、次々と条件に合った人を紹介してくれますので、出会いがないとか、相手を探す時間がない人は、多少のお金はかかっても、利用しているのだと思います。

知人に紹介してもらうと断りにくいということもありますが、結婚紹介所の場合は、気兼ねなく断れるのがいいですね。

結婚相談所 再婚の場合について

現在、離婚件数がこれだけ多い世の中なので、当然再婚を望んでいる人もたくさんいます。

しかし、再婚したいと思っても、すぐに相手が見つかるとはかぎりません。

なぜなら、初婚に比べて、不利な点が出てくるからです。

相手が初婚にこだわっている人なら、なおさら難しいですね。

自分が再婚だからと、どうしても引け目を感じてしまいがちなのです。

相手に迷惑がかかるかも・・子供がいるのに恋愛なんて・・などと、いろいろ考えてしまいますね。

こんな時には、結婚相談所を活用するのは、とてもよいことだと思います。

最近では、再婚専門のコースを設定しているところもあるくらいです。

ここに登録している人は、自分が再婚を望んでいる、または、相手が再婚であることに理解がある人たちなので、気兼ねなく、お付き合いしやすいですね。

結婚相談所の年代層について

結婚相談所に登録している人の年代は、全体のデータから見ると、男性の場合は30代、女性の場合は、20代後半の人が多いようです。

その次に多いのは、男女とも40代の人になります。

30代の男性が多いのは、20代では、まだ結婚のことは考えられなかった人でも、30歳を過ぎると、周りでも結婚していく人が増えてきて、出会いの場が減ってしまうからでしょう。

また、親や周りからのプレッシャーもありますね。

また、収入が安定してきて、金銭的余裕ができるので、結婚を考えられるようになったとも推測されます。

20代の女性が多いのは、やはり、30歳までには、結婚したいと思っている人が多いからでしょう。

周りの風潮としても、30歳を超えると、「負け犬」などと呼ばれていますので、あせってくるのかもしれませんね。

結婚相談所にかかる費用について

結婚相談所にかかる費用は、そのタイプによってかなり差があります。

インターネット情報サービス型の場合だと、だいたい入会金と年会費で五万円くらいですが、専門のアドバイザーがついてサポートしてくれるところでは、入会金の相場は、二年契約で、四十万円くらいです。

それに、イベントやパーティーの会費、デート代などが、必要になり、成婚料を請求されるところもあります。

高いと感じる人もいれば、妥当だと思う人もいると思いますが、それは、価値観の違いでしょう。

自由恋愛では、合コンなどをした場合でも、結婚まで考えている人は、まずいないでしょうね。

また、結婚を望んでいる男女だけを集めるのは、ほとんど不可能ですね。

でも、結婚の意思がある人だけが登録されている、結婚相談所ならそれが可能なのです。

ですから、真剣に結婚を望んでいる人にとっては、決して高い金額ではないのかもしれません。

結婚相談所の種類について

結婚相談所は、大きく三つのタイプに分けられます。

まず、大手結婚情報サービス型で、テレビや雑誌で宣伝し、全国的な規模で、会員数も数万人といわれています。

料金は入会時に一括して支払う場合がほとんどです。

相場は、だいたい40万円くらいです。

毎月コンピューターでマッチングした相手のデータが、数人分送られてくるというシステムです。

また、連盟・フランチャイズ結婚相談所型は、日本ブライダル連盟や全国ブライダル連盟などに加入したり、傘下になっていて、小さな結婚相談所がお互いにネットワークを組んで、大手に負けないシステムを作っています。

専任スタッフが会員データをもとに、相手を選び、申し込み、返事、日程調整などを本人に代わって行ってくれます。

一般的に結婚相談所というのは、このタイプのことを指しています。

もう一つは、インターネット型結婚情報サービスで、これは、近年になって流行ってきたもので、専任のスタッフもいないので、自分で会員のデータを検索し、気に入れば、メールで交際を申し込むというもので、人件費がかからない分、料金も割安です。