お見合いの場所について

お見合いをするとき、その場所はさまざまですが、それぞれに注意点があります。

まず、レストランですが、周りが気にならないように、個室を利用するか、なるべく人目につきにくい、隅の席がよいでしょう。

食事も一緒だと作法なども気になって、ますます緊張してしまうので、ケーキとコーヒーなど軽めのものがおすすめです。

ホテルのロビーやラウンジの場合は、ロビーで待ち合わせて、ラウンジに移動というのが一般的です。

また、料亭の場合は、正座がつらく堅苦しいので、できれば、お座敷ではなく、テーブル席のほうがよいと思います。

他にも、世話人宅でお見合いをすることもあります。

この場合、予約の必要もなく、かしこまらなくてよいのですが、時間の制限がないので、お見合いが長引く可能性があります。

お見合いに準備するものについて

お見合いを進めるにあたって、必要なものがいくつかあります。

写真、履歴書または、自己紹介状、家族書です。

まず、写真は、写真館などで撮ったお見合い用のもの以外に、普段の表情が写っているものを2~3枚用意します。

裏に名前と日付を入れておくとよいですね。

写真は相手に第一印象を与える大切にものなので、よく撮れているものを選びましょう。

履歴書は、たとえ文字に自信がなくても、必ず自分の字で書くものです。

できれば、ボールペンではなく、万年筆か毛筆がよいでしょう。

履歴書の場合は、項目に従って偽りなく、書けばよいのですが、自己紹介状は、履歴書のような決まった内容はもちろん必要ですが、自分の人柄がわかるような内容も書いておきます。

土地柄などによって、必要な書類が違う場合もありますので、世話人に聞いてから作成するとよいでしょう。

これらの書類と写真は本人が持参して世話人に渡すのがマナーです。

お見合いの心得について

お見合いをするにあたって、まず、決して中途半端な気持ちでのぞんでは、いけないということです。

興味本位や好奇心からお見合いすることは、真剣に伴侶を求めてお見合いを希望している相手にとても失礼なことです。

また、時間に遅れることは、ルーズな人という印象を与えてしまうので、待ち合わせには、必ず余裕を持って着いておくことをおすすめします。

そして全員が揃ったら、お互いを世話人から紹介されるので、それまでは、勝手に着席してはいけませんよ。

服装や髪型は、清潔感が大切なので、派手になりすぎないように、清楚な印象を心がけましょう。

また、初対面の人とお話をするのですから、緊張するのは、当然ですが、なるべく、積極的に話しかけて、お互いを知る努力が必要です。